マンスリーでもサービスが充実する沖縄のレンタカー

サービス競争が激しい沖縄のレンタカー事情

沖縄では観光が大きな産業の一つとして発展している影響で、それに伴う交通手段の一つであるレンタカーにも激しい競争があります。沖縄では決して公共交通網が東京や大阪などのように張り巡らされているわけではなく、観光のために転々としたいと考えたら車を用意することが必要です。

仕事で沖縄に滞在する場合にも那覇周辺だけにオフィスが集中しているわけではないため、車を使って仕事をすることが重要になります。このような地域事情があるからこそレンタカーのサービス競争が進められていて、安く利用できるマンスリープランのレンタカーも利用できるようになりました。安くて便利な生活ができるようになるための有用なサービスとなっています。

価格以外の比較が大切

マンスリーのレンタカーを提供している業者は沖縄では多数あります。競争が行われているので同じレベルの車種であればそれほど金額には違いがありません。そのため、レンタカーを借りるときに重要なのはマンスリーサービスの価格以外の部分を比較することです。

レンタカーを借りるためには業者の営業所まで行かなければならないのが原則ですが、空港やホテルまで配車をしてくれるサービスがあれば便利でしょう。また、返却の際にも営業所に行く必要がなく、空港やホテルなどで返却できればそれに越したことはありません。このような気が効いたサービスを実施している業者でレンタルすると、わずかな価格差であればより高い満足を得ることができます。

長期滞在用のプランも存在

マンスリーのレンタカーは一ヶ月だけ借りるものと考えてしまう人もいます。確かに業者の多くは一ヶ月の契約を基本としていますが、沖縄にはもっと長期滞在をする人もいるので長期プランも存在しているのが現状です。私も半年の単身赴任のときには六ヶ月の契約をしてレンタカーを借りました。

一ヶ月だけ借りるよりもさらに割安になっていて、クーポン券なども多めに発行してもらうことができたのを覚えています。故障などの補償を行う必要があるせいか、二ヶ月以上の契約をしても割安にならない業者も少なくありません。より長く滞在したいと考えているときには長期で安くなるシステムがあるかどうかを確認して業者を選ぶようにするとお得になります。

Follow me!