沖縄のマンスリーレンタカーを借りるポイント

レンタカーの性質を知って選ぶのが大切

沖縄ではマンスリーレンタカーが盛んに利用されるようになっています。出張や長期旅行で格安で車をレンタルできるのがメリットですが、選び方を誤ってしまう人も少なくありません。レンタカーの性質を知った上で借りるようにしないと失敗してしまうリスクが高くなります。

そもそもレンタカーは中古車で数日間は快適に乗れるように整備されているのが一般的で、マンスリーだからといって時間貸しをしている車と違いがあるわけではありません。

長期的に借りるときには新車を手に入れるときに比べるとレンタル中にはトラブルが起こりやすいことを念頭に置いておく必要があります。その視点が欠けていたために大きな失敗をしてしまったことがありました。

失敗からわかるサービスの重要性

私がマンスリーレンタカーを沖縄で借りたときに起こったトラブルはタイヤのパンクでした。確かにタイヤがやや磨り減っている様子はありましたが、まさか一ヶ月の間にパンクするとは予想していなかったのです。

そのことをレンタカー会社に伝えると修理業者を手配してもらうことはできましたが、パンクの修理やレッカー移動の費用は全て自腹になってしまいました。

確かに最初の注意事項説明のときにパンクや故障などの際に修理費用は自分が負担すると言っていて書面にも書いてあったので自分の落ち度です。他の会社では修理費用を負担してくれるという契約のものもあったので、万が一の事態に備えて他のレンタカー会社を選んでおけば良かったと後悔しました。

オプション選択のときにも注意

マンスリーでレンタカーを借りているとそれだけ故障が起こるリスクが高くなることは否めません。オプションでカーナビなどを借りた場合にも故障したときの対応について確認しておくことが肝心です。

故障したときに修理費用が自分の負担になるかどうかだけでなく、故障したときにそのまま返却しても問題ないかも確認しておくと安心できます。

沖縄ではカーナビが壊れても運転しなれてしまえばそれほど支障はありません。故障時に修理せずに返せるという形になっているだけでもあまり問題がない場合もあります。

チャイルドシートのように壊れると子供を載せて運転できなくなってしまうものの場合にはすぐに交換対応をしてくれる会社を選んでおくのが大切です。

Follow me!