バイトのときに使った沖縄のレンタカープラン

長期滞在なら借りっぱなしがベスト

沖縄で自由に行動しようと考えるとレンタカーが便利です。鉄道交通網はあまり発達していませんが、道路は隅々にまで敷かれているので車を一台持っているだけでどこにでも移動することができます。車社会なのでどの施設にも駐車場は用意されていて困ることはほとんどありません。

期滞在ともなると食料品や日用品の買い出しも必要になるのでマンスリープランを利用して、借りっぱなしにしてしまうのが正解でした。常に車があるという状態なら安心して生活することができます。特に私の場合には寮が街中から離れていたのでコンビニも遠いという立地に住んでいました。何をするにしても車がなければならない状況だったのでレンタカーを用意しておいて助かったというのが本音です。

お得に借りられるマンスリー

沖縄ではマンスリープランのレンタカーが破格で利用できるようになっています。夏の沖縄という繁忙期であったにもかかわらず、一日あたりの料金はコンパクトカーで1200円ほどでした。料金は変動するのでいつでも同じとは言えませんが、数日間のプランで借りるのに比べると30%から40%程度の金額で借りることができます。

免責補償も入れてカーナビも付いてこの程度の金額になっているので安心して運転できるのも魅力です。バイトの期間が56日だったのでマンスリープランを二ヶ月分組み合わせて利用しましたが、端数は全く気にかかりませんでした。一ヶ月以上の滞在を考えているときだけでなく、一ヶ月近い滞在という場合でも十分に元を取ることが可能です。

駐車料金には注意が必要

マンスリープランでレンタカーを借りるときには注意が必要だということも後からわかりました。

私はバイト先の寮だったので駐車場が完備されていて無料で利用することができましたが、ホテルや旅館に滞在するときには駐車料金がかかる場合があります。沖縄ではこのような長期滞在向きの宿泊施設もあって安く駐車場を利用させてもらえる場合もあるので、マンスリープランを利用するときには宿泊施設も慎重に選んだ方が良いでしょう。

一泊ずつ料金がかかるホテルもあるので、マンスリーを選んで得られるメリットが半減してしまうかもしれません。しかし、レンタカーを使う旅行客が多い影響で駐車料金も安くなっているので比較して探せば格安で駐車することもできます。

Follow me!