破格で使えるマンスリーのレンタカー

半月以上の滞在ならマンスリーがお得

沖縄に二週間ほどの観光旅行に行ったときに調べたところ、安いレンタカーを借りようとすると半月以上の滞在ならマンスリーを利用するのがお得だとわかりました。同じレンタカー会社内で見ていると割引率が高い場合には10日分で29泊30日のレンタルをすることができますが、全体的に見ると14泊15日程度の費用になっていることが多いのが実情です。

ただ、キャンペーンや台数限定のものを選ぶと半月未満であっても十分に安くなる場合もあります。私が二週間旅行に行ったときにもマンスリーで借りると12日分で済んだのでそれを選びました。特別に手続きに違いがあるわけでもなく、むしろマンスリー予約特典としてクーポン券をもらえたので得の方が多かったと言えます。

旅行以外の場面が多いマンスリー

旅行で半月も滞在することはあまり一般的ではありませんが、仕事での滞在となるとそれほど珍しいことではありません。アルバイトをする場合には旅館などで繁忙期に働くと一ヶ月以上も働くこともあります。

沖縄では医療や介護などの派遣の仕事で本土からやってくる人もいるため、マンスリーレンタカーを利用する人もいつも少なくはありません。だからこそ通年でマンスリーレンタカーのキャンペーンが実施されています。多くの業者では毎月数台といった形で定めているので早めに予約するのが得策です。

繁忙期よりもむしろ仕事の都合による影響が大きいので、いつ混み合うかはあまり予想ができません。長く滞在すると決めたらまず予約を取っておくと良いのです。

ウィークリーもややお得

マンスリーレンタカーでは長すぎるという場合にも沖縄ではウィークリーレンタカーも利用できます。

ウィークリーの場合にはマンスリーほど安上がりではありませんが、一割程度の割引になっているのが一般的です。この場合には5泊6日で借りるときにウィークリーにするとかえって高くなるリスクはあります。ただ、クーポン券やオプション装備などでメリットが生まれる場合もあるので、それらを天秤にかけてお得かどうかを慎重に吟味することが大切です。

ハイシーズンになるとウィークリーはマンスリーよりも予約が殺到しやすいので、フライトを予約したときにはすぐに予約するに越したことはありません。沖縄ではレンタカーの長期予約は早めにするという心がけが肝心です。

Follow me!